読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

脳血管性認知症の方、治療開始1年後の経過報告。


以前ご報告した、脳血管性認知症の改善例。
 

www.ninchi-shou.com

 

介入開始から1年経過したのでご報告。

 

 

脳血管性認知症、感情失禁なく順調に経過。
恥ずかしそうな微笑みが印象的

 

脳血管性認知症、長谷川式で改善
長谷川式テストは16→23点にアップ
 
 

79歳男性 脳血管性認知症

 
(記録より引用開始)
 

初診時

 
脳梗塞の既往あり。その後から活気がない、怒りっぽいなど。
 
HDSR:16
遅延再生:1
立方体模写:OK
時計描画:OK
保続:なし
取り繕い:なし
病識:なし
迷子:なし
レビースコア:0
rigid:なし
ピックスコア:3.5
頭部CT左右差:なし
クリクトン尺度:9
介護保険:申請中
胃切除:なし
 
(診断)
ATD:
DLB:
FTLD:
MCI:
その他:VaD
 
右基底核に陳旧性梗塞痕あり、軽度左片麻痺後遺。歩行は可能。
表情はアパシーを感じる。診察中によだれあり。構音障害強い。
 
病型としてはVaD(脳血管性認知症)かな。レミニールとサアミオンで治療開始。
 
プラビックス内服中。かつてアリセプトを2週間だけ飲んだことあり。何も変わらなかったと。
 

2週間後

 
(改善点)
 
目立って活気が出た。明るくなった。
 
(悪化点)
 
なし
 
 
奥さんがいないと落ち着かない。このあたりはピックスコア3.5だけはある。
しかし、別人のように明るく笑顔が出ており、家族は大喜びしている。
ウインタミン頓用を試してみよう。その他薬剤はすえ置で。
 

3ヶ月後

 
活気が出て欲しいが、まずまずやれていますと。
ウインタミン頓用も良い感じと。定期処方への昇格を試す。
 

6ヶ月後

 
顔色良好。
帯状疱疹あり。特に症状はないようだが。内科で治療中。
 
デイサービスが物足りないと。他を検討するのもいいかもしれませんよ。
今回から長期処方に。1回も怒りっぽくなることはなかったと。
 

1年後

 
昼寝が多い
晩ご飯後にすぐ寝る
起床が早すぎる
 
入眠時間をもう少し遅らせて。眠剤はロゼレムベースに、適宜レンドルミン頓用で対応を。
 
HDSR23
遅延再生6
クリクトン尺度12
 
丁度1年経過。好調。
 
(引用終了)
 

恐れていたピック化は、今のところなし


初診時でピックスコアが3.5点あったので、ピック化にはいつも注意している。現在の内服は、


レミニールOD(4)1T+サアミオン(5)1T+ウインタミン6mg・・・朝食後、ロゼレム(8)1T眠前


これだけである。易怒性に対して頓用で試したウインタミン4mgに効果を認めたので、定期内服に昇格させ、その後2mgだけ増量して維持している。

このウインタミンがピック化を防いでくれているのかもしれない。

尚、添付文書では通常レミニールは8mg/日で開始、4週間後に16mg/日に増量維持、という決まりである。

現在この方は、通常量の1/4の4mgで維持し十分効果を上げている。もし添付文書どおりに処方していたら・・・。

16mg必要なのか、4mgで十分なのか。決めるのは添付文書ではなく、患者さんとその家族、関わるスタッフと医者、みんなである。