鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

グルタチオン点滴後に、落ち着きがなくなった症例。

グルタチオンハイテンション例を経験

 

グルタチオンで興奮



グルタチオン1400mgの投与直後に、背筋が伸びて歩行スピードと安定性が増した症例の後日報告。

 

www.ninchi-shou.com

 

 

(引用開始)

(午前中にグルタチオン点滴)

帰所後 昼食摂取 食後不穏状態
大声で意味不明な言動。攻撃的で落ち着きなくホール内を歩き回る。

12:30~落ち着きレク参加 表情も穏やかになる。

16:00~ 居室にて横になる

17:00~ やや興奮状態で活動的。外に出ようとする。 制止するスタッフに対して暴言、暴力あり。独語続く。

18:00~ 夕食準備するが「食べない」と拒否。介助にて食べて頂くが プーと噴出し喜ぶ。他の御利用者様の介助にて全摂取。 服薬後落ち着き

20:00~ 居室にて休まれる。

21:00~ 起きて出てこられるが自ら居室に戻り休む。

(投与翌日)

0:30~居室にて独語(大きな声)時折奇声あり

1:00~ ホールに出る。居室に誘導するとそれに従い、横になる。

(投与2日後)

スタッフが横についていると静かに休まれる 。入眠 。

 4:00~ 覚醒。独語あるも、「誰か、誰か」等で、普段の言い回し。覚醒はしている。

(引用終了)


3日目ぐらいからは大分落ち着いてきたらしい。詳細な報告をして頂いた施設に感謝。


介護者と連携して細かい調整を

 
 
2回目の点滴に来られた時も、歩行に関しては安定しており、グルタチオン投与による好影響が持続していると思われた。小刻みではあるが、姿勢は伸びていた。
 
2回目点滴はグルタチオン1000mgとソルコセリル4mlにした。
この点滴後には、目立ったハイテンションはなかったとのことだったので、しばらくはグルタチオン1000mgで維持していこう。

コウノメソッドによる介入以降、介護者への感謝の言葉が出るようになり、活気も上がってきたようだ。

 

www.ninchi-shou.com

 

www.ninchi-shou.com