鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

70代女性、ピック病(前頭側頭葉変性症)の改善例から考えた、改訂クリクトン尺度の使い方。

 

介入から1年2ヶ月経過したピック病の方をご紹介。

 

 

70代女性 ピック病

 

初診時

 

(既往歴)

 

脳梗塞 小脳出血で開頭手術 高血圧で内服中

 

(現病歴)

 

これまでデイサービスやショートステイなど利用していたが、唾吐きや暴言暴力、性的放縦さなどで施設側から利用を断られてしまった。ケアマネさんからの紹介で来院。入室時からピック感満載。娘さんと同居。娘さんの表情も・・・?

 

(診察所見)

 

HDS-R:28
遅延再生:6
立方体模写:まずまず
時計描画:過剰?
クリクトン尺度:25
保続:なし
取り繕い:なし
病識:なし
迷子:なし
レビースコア:-
rigid:なし
ピックスコア:4.5
頭部CT左右差:あり
介護保険:要介護3
胃切除:なし
歩行障害:あり
頻尿:?
易怒性:ありあり

 

(診断)
ATD:
DLB:
FTLD:〇
MCI:
その他:

 

典型的なPickかな。ウインタミン4mg-6mgで開始。若い頃から特異的なキャラクターだったと。

1ヶ月後

 

大分内服効果が出ているようだ。落ち着いてきた感じはあると。ひとまず10mg/dayでウインタミン継続。

 

同居の娘さんも当外来を受診。HDS-Rは満点でピックスコアは1.5。話の執拗さや常同性はあるが、会社勤めをして社会生活は送れている。介入なしの経過観察で。

 

初診から2ヶ月後

 

本人受診。穏やかに過ごせていると。

ウインタミン著効。まだハイテンションは少し残っているが。
 
フェルガードはそのうちに。二ヶ月処方。
 

初診から4ヶ月後

 

娘さんの来院。

フェルガードはあまり飲みたがらないと。また子供っぽさが増してきた印象と。
 
易怒性亢進はない。排泄の失敗が多いと。デイサービスには楽しく通っている。他の利用者との折り合いもまずまずのようだ。
 
ウインタミンを10→16mg/dayに増量。フェルガードは頑張って飲んで。
 

初診から6ヶ月後

 
ウインタミン増量の効果は感じられないと。
前の量に減量したいと。10mgに戻す。
 
デイサービスは週に三回。
 

初診から8ヶ月後

 
相変わらず、と娘さん。
朝4時頃起こされるのが辛い
排泄を面倒くさがる
 
ウインタミン増量には抵抗あるらしい。
眠剤頓用で。
 

初診から10ヶ月後

 
畳をほじくり続ける常同行動。
ウインタミンの残りが少しあるので、家庭天秤を試してもらう。排泄を面倒くさがる。
 
次回は採血?眠剤は殆ど使っていないと。
 

初診から1年後

 
本人来院、相変わらずかな。
子供っぽいからかい方で、娘さん達を罵倒すると。
 
今回からウインタミン6mg-10mgに再度増量。また採血を行い次回結果説明。頭部CTは昨年と変化なし。
 

初診から1年2ヶ月後

 
ウインタミン増量で、特に変化はなさそうだと。
10mg/dayに戻す。
 
介入から1年ちょっと経過し、クリクトン尺度は25→14に改善している。
 
(引用終了)
 

ウインタミンの量は最初に戻り、家族の介護負担度は下がった

 

コウノメソッドにおいて、ピック病に対する抑制系薬剤のファーストチョイスはウインタミンである。フェルガード100Mを併用できたら、更に抑制効果の上積みが期待できる。

 

この方の場合、フェルガードは飲んだり飲まなかったり。またウインタミンも10mg→16mg→10mg→16mg→10mgと変遷しつつ初回量に戻っていった。 初診時のクリクトン尺度が以下。

ピック病の治療前クリクトン尺度

 

介護者がいる患者さんの場合、③、④、⑤の合計点数に注目している。この合計点数が高いほど、介護負担が大きいと判断している。

 

介入1年2ヶ月後のクリクトン尺度は以下。

 

ピック病治療後のクリクトン尺度

③、④、⑤で10点の改善が得られている。

 

「以前より大分楽になった」と家族が仰るのは、ここの項目の改善が大きいからだろう。 認知症の治療効果判定に用いられる指標は様々あるが、改訂クリクトン尺度はさほど時間を必要とせず、外来で簡単に行える。介護者目線での治療効果を判定できる有用なツールである。

 

 

ピック病の症状と治療 ―コウノメソッドで理解する前頭側頭葉変性症
河野 和彦
フジメディカル出版
売り上げランキング: 250,689