鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

シロスタゾール(プレタール)、台湾の研究で「認知症リスクを低下させる可能性あり」とのこと。

 

期待が高まる。

 

www.carenet.com

 

上記リンクより一部引用。

 

・ベースライン時、認知症でない40歳以上の患者9,148例を対象とし、分析を行った。
シロスタゾールを使用していた患者(2,287例)は、非使用者(6,861例)と比較し、認知症リスクが有意に低下していた(調整後HR[aHR]:0.75、95%CI:0.61~0.92)
・とくにシロスタゾール使用は、用量依存的に認知症発現率の低下と関連していた(p for trend=0.001)。
・サブグループ解析では、虚血性心疾患(aHR:0.44、95%CI:0.24~0.83)、脳血管疾患(aHR:0.34、95%CI:0.21~0.54)の診断を有するシロスタゾール使用患者において、認知症リスク低下が示された。(赤文字強調は筆者による)

 

特に、「用量依存的に認知症発現率の低下と関連」という記載に興味が涌いた。

 

シロスタゾールを用いた治療(予防)戦略としては、

 

「まだ認知症にはなっていない方達は十分な量を(200mg/day)、既に認知症を発症した方に対しては、状況に応じた量(25mg~200mg/day)で対応を。」

 

といった方法を、今後検討してみよう。

 

ちなみに200mg/dayは、脳梗塞再発予防に用いられる、標準的なシロスタゾールの量である。

 

 

www.ninchi-shou.com