鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

【症例報告】釣藤散で頭痛が消失。

高齢者の「首から上の」慢性的なお悩みに、釣藤散が著効することをしばしば経験する。

 

慢性的なお悩みとは、頭痛であったり頭重感であったり、めまいや耳鳴りであったりと様々である。また、使っている間に血圧が下がってくることもしばしば経験するので、内服中の降圧薬減量に繋がることもある。

 

60代男性 頭部打撲後の遷延する頭痛

 

初診時

 

昨年から剪定の仕事をしている。


9ヶ月前から、夕方にかけて増悪する頭痛がある。
5ヶ月前に頭部を打撲し、その後から頭痛が増悪。少量の慢性硬膜下血腫を指摘され、〇〇脳神経外科で保存的に経過観察を行い、血腫は完全に吸収されたとのことで先日終診となった。

 

しかし、今も頭痛が残っているのは何故?とのことで当院来院。


〇〇脳神経外科から画像取り寄せを。また、先日内科で受けた採血結果を次回は持参で。

 

緊張型頭痛の印象だが、自覚的肩こりはなく、他覚的にも頸肩腕部過緊張は認めない。

 

ノイロトロピンと後頚部温カイロで対策開始。

 

2週間後

 

ノイロトロピンで改善なく、中止。

 

夕方にかけての頭痛、3日前は嘔気を伴ったと。
ナロンエースを飲んだが効かなかった。こめかみを冷やすとてきめんに症状改善すると。


血管を収縮させたほうがよいのか?今回は釣藤散を試す。それでだめなら呉茱萸湯やミグシス検討かな?

 

4週間後

 

「これが普通の感覚なんですねぇ~、先生」

 

頭痛がほぼ消失。釣藤散著効。
2ヶ月処方、いずれゆっくり止めましょう。良かったですね。

 

8週間後

 

頭痛はゼロ。時に昼分を飲み忘れるが大丈夫。

今回から朝夕処方に。

 

8週間後

 

釣藤散を減薬し、この半月は飲まずに過ごしてみたが頭痛の再燃はなかったようだ。

卒業ですね。おめでとうございます。

 

何かあったらまたどうぞ。

 

(引用終了)

 

高齢者の頭痛に釣藤散

(ツムラHPより引用)