鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

2015-03-09から1日間の記事一覧

特発性正常圧水頭症に対するLPシャント術後。腹腔側チューブ逸脱例の紹介。

当院では、iNPH(特発性正常圧水頭症)に対してはLPシャント術を第一選択で行っている。脊柱管内と腹腔内をチューブで繋ぎ、余分な髄液を背中からお腹の中に逃がしてあげるのが、LPシャント術。