鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

【症例報告】病識の有無で、説明の仕方を変えているという話。

 

今回紹介するのは、介入3ヶ月で「なかなかいいですねぇ」となったSMさん。

 

「自分が今までのようではない」という意識(病識)を持っていた方なので、

 

「テストの点数は、ちょっと下がっています。その理由として病的要素も多少はあるのでしょうが、年齢からの衰えもありそうです。食生活で是正すべき点が結構ありますよ。また、今飲んでいる薬がちょっと多いかもしれません。認知症の薬うんぬんの前に、まずはそれらから手を付けていきましょう。」

 

と説明したら、凄く喜んで前向きな気持ちになってくれた。ここで大事なのは、「ちょっとは病的要素がある」と伝えることである。

 

「どこか今までのようではないという自分の感覚には、ちゃんと理由があったんだ。でも、大ごとじゃなくて良かった。受診して良かった・・・」と思って貰うことが、今後の良好な関係性構築に一役買ってくれる可能性があるからだ。

 

これがもし、全く病識のない方であれば、違った説明になる。

 

  • 今のところ、頭に大きな問題はないと思いますよ。でも、実は血液検査の結果で・・・
  • 血圧以外は問題はないでしょうね。でも、せっかく頭はしっかりしているのに、血圧を放置して脳出血を起こしたらいけないから、通院しませんか?

 

このような感じで、あくまでも「頭は大丈夫」という点を強調して話すようにしている。

 

「頭の病院(脳外科)を家族に受診させられたということは、自分は頭がおかしくなったと思われているのだろうか?」という不安を払拭することから、お付き合いを始めていく必要があるからだ。

 

「頭に病的要素がある」ということを伝えると、高確率で「私は頭はおかしくない!!」と反発を招き、その後の良好な関係性構築に初手から躓いてしまうことになる。

 

相手の病識の有無で説明の仕方を変えることは、認知症外来を運営する上で凄く大事なことだと思う。

 

70代前半 アルツハイマー型認知症

 

初診時

 

(現病歴)

数年前、捜し物が増えてきたことが気になり〇〇脳神経外科を受診したことがあったが、頭部画像のみで「認知症ではない」と言われた。

 

3ヶ月前、紛失した通帳とカードを再発行しに銀行に行ったことを覚えていないと言ったり、頻繁に取り繕う言動があったことなどから、今度は別の〇〇脳神経外科を受診。そこでも頭部画像評価だけで「認知症ではない」と言われた。

 

腑に落ちないご家族の希望で来院。ご本人は緊張した面持ち

 

(診察所見)
HDS-R:15
遅延再生:2
立方体模写:可
時計描画:可
IADL:7/8
改訂クリクトン尺度:16
Zarit:8
GDS:13.5/15
保続:あり
取り繕い:あり
病識:軽度あり
迷子:なし
レビースコア:ー
rigid:なし
幻視:なし
ピックスコア:ー
FTLDセット:ー
頭部CT所見:MVD手術痕のみ
介護保険:なし
胃切除:なし
歩行障害:なし
排尿障害:なし
易怒性:なし
傾眠:なし

(診断)
ATD:〇
DLB:
FTLD:
その他:

(考察)

 

典型的アルツハイマー型認知症(ATD)だろう。

 

元々社交的な方みたいなので、デイサービスは早めの導入でもよいかもしれない。視空間認知はまずまず保っているが、周辺視野の衰えはあるので、運転免許については準備しながら卒業を目指すべきだろう。IADLが7/8あるので、焦らずに。

 

今日は採血。ナトリクス1mgやクレストール5mgは恐らく不要だろう。〇〇病院から引っ越し希望。採血結果は次回説明。GDS13.5は忘れずに。ご希望ありフェルガード100Mを開始。

 

1ヶ月後

 

採血結果説明。

 

  • TG:143
  • HDL-C:66.6
  • LDL-C:133

 

ナトリックス1mg→0.5mgに、クレストール5mg→2.5mgに減量。

前回ご希望があって開始したフェルガード100M4T2Xで、気分の落ち込みは明らかに減ったようだ

 

栄養指導。まずはおやつ代わりに頻繁に食べている菓子パンを止める。全体的に炭水化物を減らして、摂取量の少ない卵をたっぷり摂りましょう。肉魚はそれなりに摂っているようだ。

 

1ヶ月後

 

BP111/59

 

ナトリックス減量の影響はないかな。終了で。さぼりがちな自宅血圧測定は頑張って。
次回はHDSRを。

 

冷蔵庫に自分で「パンは買わない!」と書いて貼り紙をしていて、実際ほぼ食べなくなった。

 

全体的には明るく良い感じ。介護保険申請について説明する。


積極的に食べて欲しいもの、控えて欲しい食べ物リストをお渡しする(Ns〇〇記載)

 

初診から3ヶ月後

 

  • HDSR23(1)
  • 透視立方体模写と時計描画テストはOK

 

HDSRは初診時と比較して8点アップ。「冷蔵庫に貼る付箋を片っ端から剥がし、書き置き用のホワイトボードに書かれたメモも消してしまう」と、娘さんは苦笑い。

 

娘さん専用とお母さん専用のボードを準備しましょう。
自宅血圧測定は問題なし。次回は採血。本人は免許継続が出来るかを一番心配している。

 

炭水化物全般を減らしたことで、体重は3kg減を達成。タンパク質はしっかり摂っていると。

 

(最終処方)

ザクラス配合錠HD 1T1X朝
クレストール2.5mg 1T1X朝

 

(引用終了)

 

長谷川式テスト改善

3ヶ月で長谷川式テスト8点の上昇(抗認知症薬使用なし)