鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

学校検診でピロリ菌の尿中抗体を調べるという試みについて。

 

鹿児島県では、平成29年度の新規事業として、県内の高等学校、特別支援学校高等部、高等専門学校及び専修学校(以下、「高等学校等」という。)の1年生のうち、保護者の同意を得られた生徒を対象として、学校検診の尿検査の献体の一部を利用し、尿中ピロリ菌交代の有無についての一次検査を行う「ピロリ菌検査事業」を別添事業内容に則り実施することとなっております。(「ピロリ菌検査事業」における協力医療機関の募集について 鹿児島市医師会 より抜粋)

 

鹿児島県の事業として、高校1年生の希望者に対して尿中ピロリ菌の検査を行うことになったらしい。

 

一次検査で陽性または判断不能であった例は、協力医療機関へ相談することになっている。費用については、一次検査は鹿児島県が負担し、二次検査や除菌に関しては自己負担のようだ。

続きを読む

白内障の手術をしても大丈夫かどうかを、眼科医から確認されることについて。

 

手術は通常、執刀医(もしくは執刀医が所属する専門科)の責任の下に行われる。

 

ただ、全身麻酔の手術で、かつ緊急ではない予定手術であれば、心臓を含めた全身状態が全身麻酔に耐えうるのかどうかを事前に循環器科や麻酔科に相談することはある。

続きを読む