読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドを実践している脳神経外科医のブログ

エビデンスの向こう側

雑記

 

自分がどのような診療をしたいのかということを掘り下げるために、いつもの如くアリセプトを題材にして考えてみる。

 

アルツハイマー型認知症と診断した患者さんに、アリセプトを3mg処方する。

 

次回診察時に確認すると、活気や自発性の向上が得られたとのこと。よかった、よかった。

さてここで選択肢。

 

  1. 3mgで効果があったので、しばらくこのまま経過をみよう。
  2. 添付文書では5mgに増やすように、と書いてあるので5mgを処方しよう。

 

自分は①を選択する。

続きを読む

手渡されたバトン

雑記 雑記-報告

 

先日、ある先生が亡くなられたことを人づてに知った。

 

ご高齢ではあったが、現役で診療を続けておられた。標榜されていた科から想像する限りは専門外であったと思うのだが、認知症診療にも積極的に取り組まれていたようだ。

 

当院がオープンして間もない頃、「元気でやっていますか?」と様子を見に来て下さった。その時はとてもお元気なご様子であったので、今回の訃報には唯々驚いた。

続きを読む

お盆で田舎に帰省した際に確認しておいた方がよいこと。

 

日本の夏の風物詩、お盆。

 


flickr photo shared by Hikosaemon under a Creative Commons ( BY ) license

 

年に1~2回しか帰省できない方は多いと思うが、少ない機会を利用して、親が元気に過ごしているかを確認するために有用な観察ポイントを幾つか紹介したい。

続きを読む

初診時から食の細さが懸念材料であった方。最後はガンでお亡くなりに。

認知症の症例 認知症の症例-前頭側頭葉変性症(FTLD)

 

今回は3年ほど前に経験した例をご報告。

 

初診時に胸部レントゲンまで撮っていたら、その後少しは結果が違っていたのだろうか?

続きを読む

クリニックの診察室にポケモンが現れたようです。

雑記 雑記-報告

 

巷で大流行中のPokemon GO。

 

ポケモン世代ではないからかどうかは分からないが、自分は興味がない。*1

 

大の大人が群れを成してスマートフォンをのぞき込みながらウロウロする様は、自分の眼には異様に映る。一体あの心境とはどのようなものなのだろうか?単にゲームが楽しくて没入しているだけなのか、それとも集団に埋没することで一体感が得られ、それが快感に繋がるのか、はたまたブームに乗り遅れたくないだけなのか。

*1:世代的にはファミコンがど真ん中。大学時代にFINAL FANTASYⅧにハマりすぎて、進級に影響したのは良い思い出。

続きを読む