鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

【症例報告】うつ病とか適応障害とか診断名を付ける前に、やっておくべきこと。

 

今回紹介するのは、寮生活を送りながら部活を頑張ってきた女子高生。ある時期から練習についていけなくなり、頭痛や不眠、低血圧で悩まされるようになった。

 

心療内科を受診し、下された診断は「適応障害」。次に訪れた心療内科では「うつ病」と診断され、抗うつ薬と眠剤が処方された。

 

その診断と投薬で彼女が改善したのかどうか、今回の記事を途中まで読んで頂けたら分かる。既にもう、お分かりの方もいるだろうが。

続きを読む

【症例報告】何かを足したら、何かを引く。

 

多剤併用で害が起きている状態を、ポリファーマシーと呼ぶ。

 

今回は、足し算医療によるポリファーマシーでバランスを崩していたNSさんをご紹介する。

 

「何かを足したら何かを引く」のが高齢者医療の鉄則だが、最初からそれを心がけておけばポリファーマシーは激減すると思う。

続きを読む

【症例報告】若い女性が好きな高齢男性。それに苛立つ高齢の奥さん。

久しぶりにヒヤリとした経験をご紹介。

 

高齢男性が、口やかましく厳しい奥さんを尻目に若い女性に鼻の下を伸ばすことを責めるのは酷な気もするが、そのことを奥さんが快く思わないのもまた当然の話。

 

どちらに付くわけにもいかないのだが、放っておく訳にもいかない。

続きを読む

【症例報告】眠剤変更のみでほぼ落ち着いた87歳男性。

 

易怒や興奮を抑えるために、かなりの抑制系薬剤が投入された状態で他院から紹介があったHKさん。

 

抗精神病薬の影響と思われる身体の固さ、表情の乏しさ(≒薬剤性パーキンソニズム)を認めた為、「精神系の薬が多すぎるので、減らした方がいいと思うのですが」とご家族に提案したところ、言下に却下された。よほど、易怒で困ったことがあったのだろう。

続きを読む

【症例報告】脳萎縮に明確な左右差がある男性。

 

軽度認知障害(MCI)の男性を紹介。

 

脳萎縮に明瞭な左右差があるため*1、今後MCIからFTLDに移行していくのかを注意深く見守っている。

*1:脳萎縮に明瞭な左右差を認めた場合、前頭側頭葉変性症(FTLD)の可能性を念頭に置く。

続きを読む

【症例報告】注意欠陥障害の成人女性。

 

HRさんは20代前半の女性である。

 

職場で何度言われても仕事でミスが目立ち、同僚(上司?)から「あなたの記憶力には相当問題がある。病気かもしれないから頭を調べて貰いなさい」と言われて来院された。

 

以下の経過を追うと、発達障害の中でも注意欠陥障害というものの実態が何となく見えてくると思う。程度の差こそあれ、HRさんのような生きづらさを感じている人は多いだろう。

続きを読む

【症例報告】PSP+iNPHの方。

 

今回は、PSP(進行性核上性麻痺)+iNPH(特発性正常圧水頭症)を合併していたNMさんをご紹介する。

 

前医の脳神経外科でPSPを指摘され、グルタチオン点滴が開始されていたが、効果は感じていなかった。

 

当院で初回1600mgでグルタチオン点滴を行ったところ即座に歩行に好変化が現れたので、これは前医のグルタチオンの用量が少なすぎたのだと思われる。

 

その他、前医で指摘されていなかったiNPHを見つけたので、LPシャントを受けて頂いたところ歩行と認知機能にかなりの改善を上積みできた。幸先良しである。

続きを読む