鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

嗜銀顆粒性認知症(AGD)は、治る認知症なのか?

嗜銀顆粒性認知症とは?

 

嗜銀顆粒性認知症の話題

 

(同記事より引用開始)
高齢化社会の進む中、診断や治療のみならず、福祉、介護にも関わる問題として注目される「認知症」。一般的に、脳が萎縮し老人斑が生じるアルツハイマー型認知症、脳梗塞などが原因の脳血管認知症、運動障害なども伴うレビー小体型認知症といった名称は広がっている。

ところが、画像診断技術の進歩により、従来とは異なる仕組みで、認知機能が低下するケースが多いこともわかってきた。そのひとつが「嗜銀顆粒(しぎんかりゅう)性認知症」。徐々に怒りっぽくなるといった性格変化を伴い、アルツハイマー病とは脳のダメージを受ける部分が、わずかにずれる。適切な治療により症状は改善されるのだが、アルツハイマー型認知症と診断されることは珍しくない。

そんな新たな原因を突き止めて、適切な治療へ結びつけるべく牽引(けんいん)しているのが東京都健康長寿医療センター放射線診断科。

 「認知機能の低下の原因は、細かく分ければ100種類近くにもなります。認知症は治らないと言われますが、治る病気もあるのです。だからこそ、きちんとした診断技術の確立が必要ですし、それを普及させることが重要だと思います」

 こう話す德丸阿耶(あや)部長(57)は、脳や神経の放射線診断のスペシャリスト。研修医時代、神経障害で苦しむ患者が、適切な医療とリハビリによって回復する姿に感銘を受け、診断技術の向上に挑むようになった。

 しかし、当時、画像診断技術はまだ発達しておらず、脳の仕組みもよくわからない。手探り状態の中、チームワーク力を生かしながら技術を高めてきた。コツコツと積み上げた診断力は、認知機能低下の原因が山のようにあることも明らかにしている。

 「アルツハイマー型認知症が発見されて約100年たちますが、国際アルツハイマー病診断基準に画像診断が加えられたのは、2011年と最近のこと。診断が異なれば、治療、看護、介護の方法も違ってくる。だからこそ、ひとりひとりの患者さんに合わせた診断技術の確立が、必要不可欠といえるのです」(德丸部長)

 医学は日進月歩。患者の脳を映した画像をアルツハイマー型認知症だと思い込むと、別の病気は見えなくなってしまう。思い込みは捨て、ひとりひとりの人生の背景を考慮しつつ、脳の仕組みをひもといていくと、見えなかったことが見えてくるそうだ。

 それを後押しするのが、MRI(核磁気共鳴)や脳の血流を映し出すSPECT(単一光子放射断層撮影)などの検査機器の進化。高い診断技術の上で、德丸部長は最新機器を駆使している。

 「嗜銀顆粒性認知症も、まだ誰もが診断できる状況ではありません。正しい診断を誰もができるようにしたい。それには、若い方々も育てなければなりません」と德丸部長。

 患者の誰もが適切な医療を受けられるように、診断技術の向上と普及に尽力中だ。 (安達純子)
(引用終了)

 

 まず嗜銀顆粒性認知症の読み方ですが、「しぎんかりゅうせい認知症」です。

 

この記事は、

 

「アルツハイマーと間違われやすい嗜銀顆粒性認知症。誰もが診断出来る訳ではない病気だが、診断出来れば適切な治療で症状が改善される

 

という風に読めると思うのだが、本当にそうなのだろうか?

 

AGDの生前確定診断は至難

嗜銀顆粒性認知症(AGD)とは

 

東京都健康長寿医療センターが出している嗜銀顆粒性認知症の臨床診断については以下の通り。

 

嗜銀顆粒性認知症(AGD)の診断

 

3、4、5、7などは臨床上有用な情報である。

 

【80歳を超えて認知症の診断が降りた。アリセプトが始まって2〜3年経過しているけれども、効いている気配はない。しかし、あまり進行している様子もない。頭部画像では萎縮に左右差がある。少しピック病のニュアンスがある】

 

こういう方であれば、AGDを疑ってもいいのかもしれない。

 

画像でも臨床症状でも前頭側頭葉変性症(ピック病)と似ているのであれば、治療もピック病を念頭に置いておけば良いと思う。

 

つまり、ドネペジルのような抗認知症薬は使用せずに、陽性症状が強ければ抑制系薬剤にはウインタミン(コントミン)を第一選択とし、中核症状に対してはフェルラ酸を検討する。

 

ウインタミンの使用例は以下。AGDに対してではないが、参考にはなると思う.

 

www.ninchi-shou.com

 

今のところ、初診時にピンポイントで「これはAGDです!」と生前確定診断出来る技術は存在していない。

 

AGDに限らず、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症などは「病理診断名」である。死後に解剖して脳の標本を顕微鏡で調べて、初めて「確定診断名」は付く。

 

現在のところ認知症の病名は、臨床症状やCT・MRIなどの画像所見から、「この人はアルツハイマーだろう」、「この人はレビー小体型認知症かな?」と推測しながら付けているのである

 

 

 

ぜんぶわかる認知症の事典―4大認知症をわかりやすくビジュアル解説

☆2019年7月3日追記

 

2017年11月、長谷川式簡易痴呆スケールの開発者である長谷川和夫先生が、AGDであると公表された。

 

生検して組織採取を行ったのかと思ったが、産経新聞のインタビューでは

 

医師の息子が僕を診察し、アリセプトという薬を持ってきてくれた。その後、昨年11月に、別の病院でCTやMRI、心理テストなどをして、アルツハイマー病ではなく嗜銀顆粒(しぎんかりゅう)性認知症といわれた。(2018年4月4日 産経新聞web版より引用)

 

と答えていた。

 

診断当時、長谷川先生は88歳。超高齢であること、アリセプトへの反応が(恐らく)ないこと、画像で側頭葉内側の萎縮が目立たないことなどから、消去法的にAGDと診断されたと推測する。

 

今でもアリセプトを飲まれているのだろうか。