鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

器質化した、慢性硬膜下血腫の頭部CT画像。

 

タイトルそのままです<(_ _)>

 

慢性硬膜下血腫とは、頭部打撲後しばらくして、徐々に硬膜(脳を包む硬い膜)の下に古い血液成分が貯留して脳を圧迫する病気のことである。

 

器質化した慢性硬膜下血腫

 

脳への圧迫により、麻痺や頭痛、認知症と間違われる活気や判断力、記憶力の低下など、多彩な症状を呈する高齢者に多い疾患である。

 

今回提示した画像の方は、頭部打撲直後の頭部CTでは何もなく、1ヶ月後に血腫を確認。その時点で五苓散の内服を開始。その後も定期的に複数回のCTで確認したが、血腫サイズはほぼ変わらず。このような場合は「血腫が器質化した」と判断して、一旦フォローは終了としている。

 

症状がなければ、手術で血腫を取る必要はない。実際、このような画像を呈する高齢者には結構な確率で遭遇するが、大方は無症候性である。

 

 

www.ninchi-shou.com

 

www.ninchi-shou.com

 

 

www.ninchi-shou.com