鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

糖質制限を始めてからビタミン・ケトン療法(VKT)に至るまでの、大体の流れ。

 

糖質制限者となって5年が経過し6年目に入った。この間、おおよそ4年間はスーパー糖質制限で過ごしていると思う。

 

これまでの経過を、ターニングポイントとなった書籍を紹介しながら総括しておく。

 

①きっかけになったのは、たまたまタイトルに惹かれて手にしたこの本。

 

天才と分裂病の進化論

 

栄養に関するそれまで自分が持っていた常識的な考えが、根底から揺さぶられた。

 

関係ないが、Amazonは注文日の記録が残るので便利。その本をいつ頃読んだのかを辿ることが出来る。 

 

天才と分裂病の進化論
天才と分裂病の進化論
posted with amazlet at 16.12.19
デイヴィッド ホロビン
新潮社
売り上げランキング: 58,219

②そして江部先生のこの本を読み、糖質制限を始めた。

 

主食をやめると健康になる ー 糖質制限食で体質が変わる!
江部 康二
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 11,955

③その後、夏井先生のこの本を大変面白く読ませて頂いた。①に通じるロマンを感じる1冊。

 

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)
夏井 睦
光文社 (2013-10-17)
売り上げランキング: 2,561

④2015年11月に読んだ宗田先生のこの本で、ケトンについて感じていたもやもや感が払拭され、蒙を啓かれた。

 

ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか (光文社新書)
宗田 哲男
光文社 (2015-11-17)
売り上げランキング: 1,230

⑤そして、2016年の10月に出たこの本。

 

ケトン食ががんを消す (光文社新書)
古川 健司
光文社 (2016-10-18)
売り上げランキング: 778

「これはこれは・・・なるほどなるほど・・・」と頷きながら読んでいる頃に、

 

⑥「パラダイムシフト好きの外科医のブログ」で提唱されたビタミン・ケトン療法(VKT)。

 

blog.livedoor.jp

 

VKT誕生にあたっては、水野先生と藤川先生も深く関わっている。

 

ビタミン・ケトン療法、爆誕!!!|医師水野のアメブロ

ふじかわ心療内科クリニック 心療内科,神経科,精神科 うつ病,認知症、パニック

 

この①〜⑥の流れで今、「あー、自分はここに辿り着いたのか」という感慨を持っている。今辿り着いたこの地点から過去を振り返ると、様々なことが実は繋がっていたようにも感じて不思議な気分である。

 

【糖質制限→コウノメソッド→グルタチオン点滴療法→栄養療法→VKT(new!!)】

 

勉強に用いた書籍やブログ、資料や論文を挙げればキリがない*1ので割愛するが、主なターニングポイントとなったのは今回紹介した書籍である。いずれも医学書ではないところに面白みを感じている。

 

自分は外来診療のみの脳外科医なので、VKTをガン診療で積極的に用いる機会は少ないと思うが、Glioblastoma(予後の悪い脳腫瘍)患者には試みてみたい。

 

今のところ、各種認知症や変性疾患に対するグルタチオン点滴療法とVKTを組み合わせることを想定、一部実践している。

 

www.ninchi-shou.com

 

ガンに対するVKT実践例は今のところ1例。これはいずれ報告の機会があると思う。

 

VKTとはどのような治療なのか、水野先生が作成した以下のYoutube動画が参考になるので貼っておく。

 

 

 

☆認知症セミナーのご案内です。ご興味の方はどうぞ<(_ _)>

日時:2017年2月27日(月)午前10時~12時(開演午前9時30分)

場所:大手町サンケイプラザ 4階ホール (東京都千代田区:地下鉄大手町駅 A4・E1出口直結 東京駅丸の内北口より徒歩7分)

参加費:1,000円(認知症治療研究会会員は会員証提示で参加費無料)

 

認知症を学ぶ会HPセミナーページ
http://www.ninchi119.com/seminar/

 

チラシ
http://www.ninchi119.com/seminar/pdf/20160227.pdf
(添付データもご参照願います)

 

お申込み(認知症を学ぶ会HPより)

エントリーフォーム

 

*1:ライナス・ポーリング、A・ホッファー、M・レッサー、三石巌などなど。機会があれば紹介します。