鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

しつこくしつこく、シチコリン。

 

認知症が進行し、アパシー(無為)へ向かっていく患者さんには、何はともあれシチコリンを使ってみる価値は十分にあると思う。そのような例を簡単にご紹介。

 

 

84歳女性 レビー小体型認知症+正常圧水頭症(術後)

 

レビー小体型認知症。シチコリンで活気改善。

 

初診時

 

特発性正常圧水頭症の術後二年半経過した。
ここ半年で体重が十キロほど減っている。
全身状態は内科を受診して問題ないと。
うつの問題がメインと考えられているらしい。
食事摂取量は減っていると。

 

上記経過で紹介有り。

 

DLBスコア5点

長谷川式テストは施行不可

rigid強い
視線は合わない
幻覚なし(以前はあった)
薬剤過敏なし
イクセロンパッチ18mg
メネシット750mg/day

頭部CTで目立った所見なし

 

シチコリン1000mg静注後でやや表情に変化あり?


しばらく毎週打つかな?家族に歩行再獲得への希望はなく、少しでも活気が上がってくれたら、とのこと。

 

3回投与後

 

毎週のシチコリン1000mgで活気が上がってきたようだ

当面は週に一回の注射を続けよう。イクセロンパッチ18mgが負担になっている可能性を考慮し、一旦13.5mgに減量するようにかかりつけに依頼。

 

4回投与後

 

2割ほど活気の上積みになっているかな?とのご家族の感想。
視線は合うようになった、自分で食事をしようと試みるようになった、とのこと。今回で4回目。当面毎週シチコリン1000mg。

 

10回投与後

 

今回でシチコリン10回終了。
明らかに活気は上がり、以前になかった笑顔を時折見せると娘さんは喜ぶ。

 

今回から2回は2週間置きに。
その後は1ヶ月間隔かな。グルタチオンまでは不要かな?

 

次回は内服状況と食事状況、歩行状況の確認を。

 

11回投与後

 

調子の波はあるが、大体下記のような状況。

 

食事自己摂取可能 ミキサー食
手引き歩行可能
すり足歩行
午前中傾眠傾向

 

本日は声を掛けると視線は合う。少し笑みも見える。

歩行にも好影響が出ているようだ。

 

12回投与後

 

今後は往診医にシチコリンを依頼することになった。
当院は2ヶ月置きぐらい。娘さんがぜひ受診させたいとのこと。

 

(記録より引用終了)