鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

インフルエンザウイルスが、診断キットで検出されなくなるまでの期間について。

 

先日、インフルエンザに罹った。

 

はっきりとインフルエンザと診断されて学校や仕事を休んだ記憶はないので、ひょっとしたら人生初だったかもしれない。

 

簡単に、今回の経緯を時系列でまとめる。以下の写真は、診断キットで自分のウイルス排出具合を確認したものである。

 

インフルエンザ簡易診断キット

 

  1. 木曜日の朝、娘が38度を超える熱発あり。金曜日の朝、診断キットで陽性。
  2. 金曜日の朝、妻が38度を超える熱発あり。土曜日の朝、診断キットで陽性。
  3. 金曜日の朝、自分は鼻水少し。土曜日の朝、37度台の熱。診断キットで陽性(上図①)。
  4. 週明けの月曜日の朝、熱は37度台。診断キットはまだ陽性(上図②)。
  5. 火曜日の朝、熱は平熱。診断キットで陰性(上図③)。

 

38度を超える熱が土曜日の午後から日曜日の午後まで続き、月曜日の朝には37度台に下がっていた。そして、火曜日の朝には、ほぼ通常の体調に戻った。

 

土曜日に診断キットでウイルスを確認し、火曜日に陰性を確認したので、実質的なウイルス排出期間は3日間ほどだったと考えられる。

 

次回は、インフルエンザ罹患から色々考えたことを書いてみる。