読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

シチコリン1500mgで二度目の復活。

認知症の症例 認知症の症例-FG療法(フェルガードやグルタチオンなど)

 

以前、グルタチオン点滴による改善例として報告した女性。介入開始から1年3ヶ月が経過。その後の経過報告。

 

一度目はグルタチオンで、二度目はシチコリンの力で復活を遂げた。

 

            認知症からの復活
                                        flickr photo shared by Luz Adriana Villa A. 

 

 

88歳女性 レビー小体型認知症(DLB)

 

www.ninchi-shou.com

 

初診時などの様子は、上をご参考に。

 

介入開始から半年後

 

グルタチオン点滴の為に、当院近くの高齢者住宅に最近引っ越された。

 

幻視が凄いと。待合いでも「そこにライオンがいるねぇ」と穏やかに話す。怖がる様子はなく日常生活を妨げることもないので、これは様子見で。グルタチオン2800mg。

 

介入開始から9ヶ月

 

調子良い。体幹バランスもしっかり。
歩行状況を撮影した動画は以下。初診時は車椅子で歩行困難だた方である。

 

      

 

介入開始から10ヶ月

 

傾眠がち、日中の眠り込みが増えたかなと。
食欲は大丈夫。足の出方は今一つか。

 

介入開始から11ヶ月

 

歩いて来院。

最近やはり日中傾眠らしい。
今回からグルタチオンは2000mgに減らし、シチコリン500mgを入れる。

 

介入開始から1年

 

活気はやや上がり、食欲もある。
しかし歩行が徐々に衰えてきた。

今回からソルコセリル4mg追加し、グルタチオンは1600mgに一旦落とす。

介入開始から13ヶ月

 

傾眠がち、と付き添いの妹さんが嘆く。
歩行能力、覚醒いずれも低下傾向かな。

ビタミンB1追加を検討していたが、先にシチコリンを1000mgに増量。グルタチオンは1200mgで。覚醒が上がれば、シチコリンは更に1500mgに増量を。元々易怒性は全く認めない方

 

介入開始から15ヶ月

 

前回シチコリン1500mgを使用後、明らかに覚醒していると。昼寝はほとんどしなくなったと。

これは、本人も自覚している。以前より眠くなくなったと。

 

内服は当面維持でいいだろう。シンメトレルロケットは今のところ不要かな。

 

(記録より引用終了)

 

今後の予定

 

覚醒状態改善のめどがついたので、再度歩行に関してのアプローチを考えていく。具体的には

 

  • グルタチオンを2000mgあたりまで再度増量
  • ソルコセリルを8〜12mgまで増量
  • ビタミンB1の追加

 

このようなアイデア。ご家族のご希望を聴きながら、一緒に取り組んでいく。

 

www.ninchi-shou.com