鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

鉄不足を解消し、抗うつ薬を卒業出来た30代女性。

 

罹病期間が短ければ短いほど、薬を卒業するために必要な時間も短くなるはず。

 


Just An Invitation...... flickr photo by Emuishere Peliculas shared under a Creative Commons (BY-ND) license

30代女性 うつ病

 

初診時

 

4ヶ月前、仕事の負荷からうつを発症し、休職。先日職場復帰し、現在は時短調整して貰っている。仕事は医療職。

 

かかりつけの精神科医が、職場復帰後の初外来で何故か?冷たい反応となったことを訝しく思い、かかりつけ変更を希望して来院。かかりつけ医としては、もっと休養を取るべきと考えていた?

 

自殺意図、その他の大うつ病を示唆するエピソードはなし。セルトラリン50mg(抗うつ薬)にメイラックス1mgを内服中だが、特に副作用は感じていないとのこと。睡眠食欲問題なし。

 

ひとまず処方を引き継ぎ、今日は採血。次回説明。

 

1ヶ月後

 

(採血結果)

 

  • 血色素量(HB):10.4g/dl
  • MCV: 81.9fl
  • AST(GOT):22IU/l
  • ALT(GPT):14IU/l
  • A L P:120IU/l
  • 総 蛋 白:7.3g/dl
  • 尿素窒素: 7.9mg/dl
  • 血清鉄(Fe): 22μg/dl
  • フェリチン定量: 4.1ng/ml

 

貧血を伴う、鉄欠乏タンパク欠乏にAST/ALT乖離あり。

フェルム開始。メイラックスは終了。今年中にセルトラリン卒業を目指そう。

 

1ヶ月後

 

時短勤務からフルタイムになったが、特に問題なくこなせているとのこと。


メイラックス終了の影響なし、フェルムによる消化器症状出現なし。

今回は、セルトラリン減量。50mg→37.5mgに。

 

1ヶ月後

 

立ちくらみがなくなり、いつのまにか肩こりもなくなっていると。

 

現在特にお困り事なし。今回はセルトラリンを37.5mg→25mgに減量。次回は12.5mgに。そして終了としていく。次回は採血。

 

1ヶ月後

 

セルトラリン減量による有害事象なく、普通に仕事をし、元気に生活できているとのこと。

 

今回はセルトラリンを12.5mgに減量し、採血を行う。
次回、結果説明。次回でセルトラリンは終了かな。

 

初診から5ヶ月後

 

全く問題なく仕事は出来ている。特に現在お困り事はないとのこと。

 

  • 血色素量(HB):13.2g/dl
  • MCV:87.7fl
  • AST(GOT):19IU/l
  • ALT(GPT):15IU/l
  • A L P: 102IU/l
  • 総 蛋 白:7.4g/dl
  • 尿素窒素:9.2mg/dl
  • 血清鉄(Fe): 72μg/dl
  • フェリチン定量:25.8ng/ml

 

貧血は改善し、フェリチンは約20上昇。

 

AST/ALT乖離は改善傾向。BUNも僅かに上昇だが、まだ1桁。タンパク摂取をもっと積極的に。相変わらずALP低値なので亜鉛摂取を意識して。サプリメントもありだと思います。

 

今回でセルトラリンは終了。次回は2ヶ月後。半年後に採血予定。

 

良かったですね。

 

(引用終了)

 

 

www.ninchi-shou.com