鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

LPシャントから1年後の、頭部CTにおける変化。

 

以前ご紹介した方の、その後を報告。

 

これまでの経過は下記を参照。

 

www.ninchi-shou.com

 

今回、術後1年ちょっとが経過したので評価を行った。

 

HDS-Rは18/30で遅延再生が0/6。透視立方体模写と時計描画テストはいずれも問題なし。失点パターンからはアルツハイマー型認知症を疑うが、今のところ傾眠傾向や軽度パーキンソニズムからレビー小体型認知症寄りで考えている。

 

使用薬剤はリバスタッチ4.5mgにメネシット200mg/day、ドプス200mg/day。現在の状況にご主人は完璧に満足しておられる。

 

頭部画像では、1年の経過で頭頂脳溝の描出が鮮明になった。また、脳梁角が鈍角化してもいた。

 

ちなみに、シャント手術後の効果判定はあくまでも臨床症状の改善の有無、つまり歩行や尿失禁、認知症症状に改善があるかどうかで行う。

 

画像による変化、例えば脳室の縮小や頭頂脳溝描出を目標に、シャント圧調整を行う必要はない。症状が改善していれば、それでOKである。

 

更なる症状の改善を期して圧調整を行った場合、慢性硬膜下血腫や頭痛を来すことがあるので注意が必要である。

 

 

LPシャント前後の頭部CTの比較

 

 

www.ninchi-shou.com

 

 

www.ninchi-shou.com