読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

NAC(N-アセチルシステイン)について。

 

NAC(Nアセチルシステイン)とは含硫アミノ酸であるシステインの誘導体で、強力な抗酸化作用(還元作用)を持つグルタチオンの前駆物質である。

 

NAC、Nアセチルシステイン

 

ちなみにグルタチオンとは、グルタミン酸+システイン+グリシンからなるトリペプチドのこと。当ブログではこれまでに複数回、グルタチオン点滴療法による改善例を紹介している。

 

www.ninchi-shou.com

 

www.ninchi-shou.com

 

 

当院ではNACを院内販売している。

 

処方薬では、アセトアミノフェン中毒治療薬である「アセチルシステイン」や、上気道症状治療薬である「ムコフィリン」である。

 

また、市販サプリメントでは「ハイチオールC」などにもシステインは含まれている。

 

グルタチオン点滴療法のサポート(点滴効果持続、増強)目的で使ってもらっている方が多いが、それ以外にも開眼失行や先天性ミオパチーなど、少しずつ使用経験が増えてきた。

 

これまでのところ有害事象は経験していない。使用量は600mg~3600mg/dayで、これ以上の高用量はまだ使ったことはない。

 

次回は、薬剤性と思われる前向性健忘に対してNACを用いた治療例をご紹介する。