鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

【症例報告】10mg処方のアリセプト減量で頻尿が改善した男性。ちょうどよい量は1.5mgであった。

 

近医からの紹介で来られた方。主なお悩みは、「頻尿」。

 

加齢や頭部外傷の影響でわずかにアセチルコリンが欠乏していた*1ところに、過剰な量のアリセプトが入ったことで頻尿が惹起されていた、と考えている。

 

80代男性 頭部外傷後の認知面低下?

 

初診時

 

〇〇病院からお引っ越し希望で紹介状を持って来院。


〇年前に〇〇泌尿器科でダビンチ手術。最近はPSAの数値は落ち着いていると。今回は認知面低下を気にした主治医から転医の勧めがあり来院。今後は当院から処方をお願いします、と。目下のお悩みは頻尿による睡眠不足。

 

アリセプト10mgを内服中だが、始まった経緯などは一切不明。

 

頻尿にアリセプト10mgの影響はないだろうか?

 

5mgに減量してみる。眠剤はレンドルミンを選択。1時間半おきに起きるとのこと。これは頻尿の影響もあるだろうが。

 

HDSR21/30に遅延再生5/6

 

頭部CTで両側前頭葉下面の挫傷痕あり。これが認知面低下の原因かな?頭部外傷後の認知面低下にアリセプト処方だったのか?

 

脳挫傷にアリセプト

 

以前頭部外傷で2ヶ月入院歴ありとのこと。

 

1ヶ月後

 

アリセプト減量で身体が軽くなった、夜間頻尿が激減したとのこと。また、奥さん曰く怒りっぽさが減ったとのこと。


このまま今回からアリセプトは中止にしてみる。メマリー5mgは残す。奥さん本人共々喜んでいる。

 

レンドルミンは当面継続。良く効いていると。

 

1ヶ月後

 

アリセプト中止で、短期記憶低下が気になるとのこと。
ただ、易怒性減退と頻尿改善など中止のメリットの方が大きい。

 

しばらくこのまま。場合によってはレミニール少量は検討かな。
刺身ばっかり食べることを奥さんが気にする。

 

1ヶ月後

 

運転免許は更新になるも、奥さんからみていて非常に危なっかしいと。


少しずつ卒業の準備をしていきましょう。注意力向上に期待して、アリセプト1.5mgで再開。また、デイサービス利用も勧めた。

 

今日は採血。次回説明。

 

1ヶ月後

 

(採血結果)

  • 赤血球数: 324×10^4/μl
  • 血色素量(HB): 10.6g/dl
  • ヘマトクリット: 31.8%
  • AST(GOT):21IU/l
  • ALT(GPT):12IU/l
  • γ-GTP:31IU/l
  • フェリチン定量:93.5ng/ml

 

鉄欠乏はなく、貧血はB12もしくは葉酸不足かな。AST/ALT乖離はありビタメジンで補ってみる。次回採血で改善なければフォリアミン追加かな。

 

アリセプトは1.5mgで凄く元気があってしかも落ち着いていると。
運転の様子もいまのところ 近場であれば大丈夫とのことで、一時の悩みであった頻尿もみられないと。順調。

 

1ヶ月後

 

先日の当方の講演会に参加されたとのこと。
炭水化物量には気をつけるようになったみたい。

 

以前は民生委員をしていた。最近は外出に億劫になっているのが奥さんは心配。

概ね著変なく経過中。日中もう少し活気が出てくれたら、と奥さんのお悩み。
一つでいいので、新たな日課を作ってみて下さい。処方継続。

 

1ヶ月後

 

予約日を間違えていた。

体調はすこぶる良好。元気に庭の剪定をしている。
夜は熟眠。レンドルミンなしでも眠れるようになった。夜の炭水化物を減らした影響はあるかもしれない。

 

今日は採血。次回説明。久しぶりに、HDSR、透視立方体模写と時計描画テストを。

 

1ヶ月後

 

HDSR23で遅延再生4で半年前より2点アップ。透視立方体模写と時計描画テストもOK。

 

(採血結果)

  • 赤血球数: 344×10^4/μl
  • 血色素量(HB): 11.1g/dl
  • ヘマトクリット: 33.0%
  • AST(GOT):29IU/l
  • ALT(GPT):23IU/l
  • γ-GTP:29IU/l

 

順調な経過。若干の貧血改善はビタミンB効果かな。フォリアミンも足したいところだが。

 

(引用終了)

 

*1:アセチルコリンが減ればアルツハイマーと短絡してはいけない。脳内でアセチルコリンがどれほど減っているのかを、外来で精密に調べる術はない。