鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

93歳女性、長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)は18/30点。認知症が疑われると紹介。

 

今後このような紹介が増えてくるような気がします。

 

93歳女性 認知症疑いで紹介受診

 

長谷川式テストとは

 

初診時

 

(既往歴)
 
高血圧症
 
(現病歴)
 
特に困ったこともないが、たまたまかかりつけ医が長谷川式テストを行ったところ、30点満点の14点であったと。認知症が疑われるとのことで紹介。
 
明るい笑顔の穏やかなご婦人。
 
(診察所見)
 
HDS-R:18
遅延再生:0
立方体模写:OK
時計描画:OK
クリクトン尺度:0
保続:なし
取り繕い:なし
病識:あり
迷子:なし
レビースコア:-
rigid:-
幻視:-
ピックスコア:-
頭部CT左右差:なし
介護保険:
胃切除:
歩行障害:なし
排尿障害:なし
易怒性:なし
 
 
(診断)
ATD:
DLB:
FTLD:
MCI:
その他:
 
色々問いかけるが大方問題なし。その都度「お陰様でね〜」と穏やかに答える。
 
周辺症状なくADLも完全に自立している。お元気で。
何かあったらご相談下さい。
 
(記録より引用終了)
 

長谷川式のカットオフは21点。これを下回ると、みんな認知症なのか?

 
そんなことはあり得ない。
 
そもそも、93歳女性の長谷川式テストの平均点など存在しない
 
遅延再生0点には注目してもいいと思うが、それだけで認知症とは診断し難い。
 
では、93歳の女性で軽度認知機能障害(MCI)という診断はあり得るだろうか?
 
診断して悪いことはないだろうが、
 
  ではMCIと診断して、その先どうするの?
 
という疑問は残る。特に何もしないのであれば、無理に診断(何らかの病名を付けること)しなくてもいいのではないか、と個人的には思う。
 
  • ADLが自立している
  • 図形、時計がしっかり描けるので頭頂葉機能は保持されている
  • 周辺症状はない
  • 家族が困るようなこと(症状)は特になく、クリクトン尺度は0点(介護負担がない)

 

このようなことを総合的に判断して、医療介入は不要でしょうとお伝えしたところ、

 

  そうですよね〜(笑)

 

と、ご家族は満足げに頷いて帰って行かれた。

 

しかし、納得いかずに(?)医療介入を強くご希望する家族もいる。

 

次回に続く。

 

 

www.ninchi-shou.com

 

 

☆お知らせ☆

 

3月13日(日)、パシフィコ横浜にて第二回認知症治療研究会学術集会が開催されます。

 

今回は一般参加枠が設けられています。予約などの詳細は以下から。

 

第2回認知症治療研究会(一般席) | 認知症治療研究会

 
第1回認知症治療研究会の模様は以下をご参考に。