鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

【症例報告】釣藤散+五苓散の著効例。

 

とある離島から来られた方をご紹介。

 

「頭に薄皮1枚の膜をかぶったような・・・」と仰る高齢者をちらほら見かける。

 

病名、診断名を問われると何とも答えられないが、経験的には釣藤散が良く効いてくれることが多い。

 

70代女性  「頭に膜がかぶったような・・・」と訴える女性

 

初診時

 

(既往歴)
特記事項なし
(現病歴)

1日中頭がボーッとする。何か1枚、膜がかぶっているような感じ。ここ1年ぐらい?

〇〇病院で相談すると、検査も何もなく「これ飲んで」とアリセプトが3mg-5mgでセット処方された。飲み出したら頭重感が酷くなり、自己判断で中止。軽い物忘れの心配と併せて、息子さんが当院を調べ連れて来られた。

 

(診察所見)
HDS-R:29
遅延再生:6
立方体模写:可
時計描画:可
IADL:8
改訂クリクトン尺度:3
Zarit:0
GDS:6
保続:なし
取り繕い:なし
病識:あり
迷子:なし
レビースコア:ー
rigid:なし
幻視:なし
ピックスコア:ー
FTLDセット:ー
頭部CT所見:特記所見なし
介護保険:なし
胃切除:なし
歩行障害:なし
排尿障害:なし
易怒性:なし
傾眠:なし

(診断)
ATD:
DLB:
FTLD:
その他:

(考察)

正常。「認知症ではないですよ」と説明すると、息子さんと一緒にとても喜ばれた。釣藤散を3P3Xおためし。天候左右性要素もあるようなので、頓服で五苓散を2P1Xで。現在定期内服なし。


効果確認後は、通院はどうする?

 

4週間後

 

頭に膜が張った感じはほぼ消失。五苓散も切れ味良く効いてくれると喜んでいる。ご本人と相談し、今後は地元の病院で処方を継続してもらうことに。下記情報提供書作成。

 

患者様のご相談です。

〇〇様ですが、物忘れのご相談で当院を受診された方です。ここ1年ほど、「頭に膜がかぶったような・・・」感じがするとのことで〇〇病院に相談に行ったところ、アリセプトが処方されました。それを飲んでいると余計に具合が悪くなったとのことで、息子さんがインターネットで当院を検索し連れて来られました。

 

長谷川式簡易痴呆スケールは29/30で遅延再生は6/6。透視立方体模写と時計描画テストは何れも可でした。頭部CTで特記所見なく、認知症ではなく全くの正常と判断しました。

頭重感には釣藤散を、天候左右性の頭痛には頓服で五苓散をお勧めして1ヶ月後に再診したところ、症状はほぼ消失しているとのことでした。

何分遠方につき、今後の御処方をお願いいたしたくご相談申し上げる次第です。

お忙しい中恐れ入りますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

(引用終了)