読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

砂糖に税金がかかる可能性が出てきた!

砂糖税とは?

 

砂糖に税金?



これは様々な波紋を呼びそうなニュース。


「砂糖税」その狙いとは? 政府の有識者会議が提言

 

 

国民の健康を守るために、砂糖に課税してはどうか――厚生労働省の有識者会議は6月9日、たばこ、アルコール、砂糖などへの課税強化を求めることなどを盛り込んだ提言書をまとめた。膨らみ続ける医療費を抑制することが狙い。厚労省は提案を受け、今後具体的な政策の検討を始める。(上記リンクより引用)



下は、厚生労働省のHPから引用。

砂糖は健康リスク



砂糖は健康リスク」とハッキリ書いている。
これはかなり踏み込んだ発言といえる。

今後の展開は?

 

  • スイーツ業界などからは、相当な反対の声が挙がるだろう。
  • 課税が本格的に検討されるとしたら、まずは清涼飲料水が対象にされるかも。
  • 業界団体から政府に向けて、軽減税率適応の猛プッシュが始まるかも。
 
一時期、このような謎のCMが展開されていたことを覚えているだろうか?
 
砂糖 CM
 


今後このようなCMやプロパガンダが、手を替え品を替え流されるかもしれない。

「砂糖が身体によい」というイメージを持つ人は、流石に殆どいないだろう。しかし、

コメやパン、麺などは、体内に入ると砂糖と同じように血糖値を上げてしまう


ということを、どれだけの人が理解しているだろうか?

ここまで理解が進んで初めて、栄養学のパラダイムシフトが起きるのだろう。

清涼飲料水 角砂糖

角砂糖換算すると・・・! 

砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)
posted with amazlet at 15.07.23
川北 稔
岩波書店
売り上げランキング: 1,789