読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

年金個人情報流出問題について

雑記 雑記-ニュースの感想

個人情報一元化は危ない

 
年金個人情報流出問題



今後に様々な影響が出そうなこのニュース。


125万件の個人情報流出=職員端末にサイバー攻撃—年金機構 - WSJ



ネットに繋がった端末からウイルス感染が起きた、という時点でセキュリティ対策が杜撰だったことは否めない。

 


所詮ヒューマンエラーはゼロには出来ない訳で、その上でシステムをどう構築するか、という点が重要になる。

マイナンバー制度は大丈夫か?


平成27年10月から開始となるマイナンバー制度。

社会保障や税などに関する個人情報を一元化することで、行政の効率化や国民の利便性が高まる、と期待されている。

しかし、今回の様な流出事件がもしマイナンバー制度で発生した場合、情報が一元化されているが故に、その被害はより深刻となるであろう。

最も重要なのは、

安心してサービスを受けられること


である。その前提の上で「効率化」や「利便性」は語られるべき問題だと考える。

強靱なシステムには、適度な「遊び」や「冗長性」が必要だと思う。これは必要なコスト、とも言い換えられる。国民みんなが乗っかるシステムであれば、最も優先されるべきはこの「強靱さ」ではないだろうか。

そのようなことを考えながら、今回のニュースをみている次第。