読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

70歳女性が物忘れ外来を受診。特に問題は無かったのだが・・・

 

「大丈夫だと思いますよ!」であっさり終わるかと思ったのだが・・・

 

70歳女性で特に訴えなし
主訴(夫から)はありふれている

 

 

時計描画テスト、長谷川式も問題なし

空間認知は問題なく、長谷川式も28点

 
 
(記録より引用開始)
 

70歳女性 正常

 

(既往歴)
 
特記事項なし
 
(現病歴)
 
自分では特に何も訴えはないが、夫が受診しなさいと勧めるのでやってきました、と。
 
(診察所見)
 
HDS-R:28
遅延再生:6
立方体模写:OK
時計描画:OK
クリクトン尺度:10
保続:なし
取り繕い:なし
病識:なし
迷子:なし
レビースコア:施行せず
rigid:なし
幻視:なし
ピックスコア:施行せず
頭部CT左右差:なし
介護保険:なし
胃切除:なし
歩行障害:なし
排尿障害:なし
易怒性:なし
 
 
(診断)
ATD:
DLB:
FTLD:
MCI:
その他:
 
正常でいいだろう。
 
ここからご主人が話し出す。
 
自分はガンで闘病中だが、この間主治医から余命宣告をされた。妻を残して逝くことが残念だが、少しでも自分自身の心配を取り除いておきたくて、今日は受診させたのです。
 
フェルガード100Mを紹介。大丈夫だと思いますが、3ヶ月後にもう一度長谷川式テストをしてみましょう。ご主人も必ず一緒に。待っていますよ。

(引用終了)


時に切ない認知症外来


「ご主人も一緒に来て下さいね、待っていますよ。」と声を掛けると、黙って微笑んで帰られた。奥さんは、何とも言えない表情をされていた。

フェルガードを勧めたのは、「必要性が高い」と判断したわけではなく、「これを奥さんが飲んでいたら、少しはご主人が安心出来るのではないだろうか」と考えたから。

またお二人にお会い出来る日が来るだろうか。