鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

鎮痛剤を使わない頭痛の治療? 四人目

シリーズ化の可能性


またまたウインタミンが頭痛に効を奏した一例をご紹介。


慢性頭痛の頭部CT。萎縮の左右差と脳室拡大あり。

 

 

側頭極の萎縮あり。頭頂脳溝消失は認めない。

 

81歳女性 頭痛の訴え

 

初診時


(記録より引用開始)

転倒による後頭部打撲で救急外来受診。

これまでiNPH(特発性正常圧水頭症)疑いで数回フォローされているが、シャント手術には至っていない。歩行は小刻みすり足ではある。

頭部CTで頭蓋内出血や骨折はない。やや左有意の萎縮。DESHは認めないが、脳室拡大はある。萎縮の影響が大きいかな?

以前から頻繁に頭痛を訴えると。鎮痛薬は効かないと。訴えの割に表情はケロッとしている、と旦那さん。

一般外来からウインタミンを試してみるかな。よかったらいらして下さい。

数日後


来られた。

ウインタミンの話をすると、「よろしくお願いします」と。頭痛の有無を問うと、「毎日痛いです」と無表情に答えた。

朝4mgで開始。

2週間後


訴えがかなり減ったと旦那さん。
本人はケロッとしたまま。朝4mgで継続。

更に4週間後


これまで喜怒哀楽があまりなかったが、テレビを見て手拍子を打ったりするようになったと。

頭痛の訴えは半分程度になったようだ。
今回から朝6mgに増やしてみましょう。

更に8週間後


寝ている時間が減って、活動性が上がった。頭痛はたまに訴える程度。旦那さんは喜んでいる。本人はケロッとしている。

かかりつけにバトンタッチ。良かったですね。

(引用終了)

今回は引き継ぐことが出来た(ホッ)

 

以前、かかりつけ医から「そんな処方はウチでは出来ない」と断られたことがある。今回は問い合わせこそあったものの、引き継いで頂けてよかった。
また、頭痛改善以外にも活気上昇などの嬉しい随伴効果もあった。

シリーズ化しそうなので、その内にウインタミンの打率も出してみようか。

今回もバタバタで長谷川式やピックスコアなどは行えなかったが、ウインタミン処方の決め手は、

  • 認知症の存在
  • 特発性正常圧水頭症の可能性を指摘されたことがあり、かつ画像上若干だがそれを示唆する所見あり
  • 萎縮に左右差有り
  • 訴えに深刻さが余りなく、かつ常同的
 
この辺りであった。
「頭がわんわん症候群(仮)」にウインタミンを使用する際にも、上記を一応の基準としている。興味のある方は、下記をご参考までに。

 

www.ninchi-shou.com