鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

脳腫瘍の手術後に、幻視を見るようになった方

脳を触ることにはリスクが伴う


脳腫瘍の術直後から幻視が見えるようになったとのことで、ご相談に来られた方。

脳腫瘍術後から幻視が出現

 

 

長谷川式テストは大丈夫だが、レビースコアは4点



68歳男性 脳腫瘍術後

 

初診時



(記録より引用開始)

(既往歴)

松果体腫瘍摘出術

(現病歴)

脳腫瘍手術直後から、おとぎの国に出てくるようなお花畑、怪獣などの幻視が見えるようになった。
頻度はさほどでもない。数ヶ月出ないこともある。ずっと気になっていたので相談に来ましたと。落ち着いた知的な印象の紳士。

(診察所見)

HDS-R:28
遅延再生:6
立方体模写:OK
時計描画:OK
クリクトン尺度:-
保続:なし
取り繕い:なし
病識:あり
迷子:なし
レビースコア:4
rigid:なし
ピックスコア:-
頭部CT左右差:なし
介護保険:-
胃切除:-
歩行障害:-
頻尿:-
易怒性:-

(診断)
ATD:
DLB:?
FTLD:
MCI:
その他:

脳腫瘍手術以前からRBD(REM睡眠行動異常)はあるらしい。時に悪夢でうなされて叫んだりなど。

幻視は術直後からなので、手術の影響は考える。

将来的なLBD(レビー小体病)の可能性は留保しておく。半年おきに受診されては如何ですか。

(引用終了)

後頭葉は視覚中枢



レビー小体型認知症認知症における幻視は、後頭葉の血流低下が原因という説がある。

後頭葉は一次視覚野と視覚連合野を含むため、ここに何かが起きたら幻視が出現する可能性は高いと思う。

この方は、頭部画像では手術による明らかな脳損傷の痕跡は認めなかった。
しかし、手術直後から幻視が始まったとのことなので、やはり手術で「後頭葉を触った」ことが原因なのだろう。

幻視が出現する頻度は低く、また幻視でADL低下を来すほどでもないとのこと。抑肝散の定期内服は現時点では行わずに、半年ごとのフォローアップとした。

ただ、その後執刀医から「後頭葉てんかん」の可能性があるので、抗癲癇薬の処方を検討して欲しい、との依頼があった。

後頭葉てんかん発作にしては、光が見えたり、発作後に頭痛が出たりなどの症状が全くないのは気になったが、この方は執刀医をとても信頼しており、内服についても異存は無いとのことだったので、眠前にデパケンR200mg内服で、2ヶ月おきに経過をみてみることにした。

手術の後遺症ですね、で終わりでもない・・・



この方で気をつけておくべきなのは、手術とは関係なく、以前からRBD(REM睡眠行動異常)があること。

 

レム睡眠行動障害 - Wikipedia



RBDとLBD(レビー小体病)の関連は有名。これについては、下記以外にも様々な報告がある。


Quantifying the risk of neurodegenerative disease in idiopathic REM sleep behavior disorder




この方の場合は腫瘍の術後フォローという目的があるので、途切れずに来て頂けるのではないかと思っている。

また、デパケンRで変化が無ければ抑肝散を、そしてご興味を持たれたらフェルガードを勧めてみようと考えている。

 

www.ninchi-shou.com

 

 

 

妻を帽子とまちがえた男 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
オリヴァー サックス Oliver Sacks
早川書房
売り上げランキング: 10,144