読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

長年進行しない認知症の方を見たときに考えること。

嗜銀顆粒性認知症(AGD)の可能性あり


「とりあえず認知症でしょう」の診断?でアリセプトが始まっている方は多い。

そのアリセプトを数年間内服しているが、ご家族から見て「良くも悪くも変わらない」というケースもよく見かける。

今回紹介するのも、そのような方である。

AGDを疑う89歳女性

 

 

AGD 時計描画 長谷川式テスト

 

AGD 頭部CT

 

89歳女性 嗜銀顆粒性認知症疑い

 

診察


(記録より引用開始)

(既往歴)

甲状腺機能低下症
心筋梗塞

(現病歴)

2年ぐらい前から、施設入所中の夫の面会に行くのをやや億劫がるように。
その頃からやや情緒不安定で波があると。物忘れも気になると。現在独居。
娘さんに伴われて来院。

(診察所見)

HDS-R:9
遅延再生:0
立方体模写:OK
時計描画:OK
クリクトン尺度:17
保続:なし
取り繕い:あり
病識:あり
迷子:なし
レビースコア:0
rigid:なし
ピックスコア:3.5
頭部CT左右差:やや右有意か
介護保険:なし
胃切除:なし
歩行障害:なし
頻尿:なし
易怒性:軽度

(診断)
ATD:△
DLB:
FTLD:△
MCI:
その他:AGD

かわいらしいおばあちゃん。HDSR低得点でADL自立独居。
さほど語義失語は目立たないがピックスコア3.5。AGDなのかな?
海馬の萎縮や頭頂葉萎縮は目立たない。
アリセプト内服中で長年変わらないと。


介護保険申請と、陽性症状増悪時にはウインタミンの検討をかかりつけに依頼。

(引用終了)

ATDとAGDの鑑別



嗜銀顆粒性認知症(AGD)については、下記をご参考までに。

 

www.ninchi-shou.com

 

この方は、最近少し症状に変動があるということで、娘さんに伴われて来院された。5年以上?アリセプトを内服中だが、良くなったわけでもなく、かといって副作用らしい症状が出たことも無いらしい。

診断としては、アルツハイマー(ATD)か嗜銀顆粒性認知症(AGD)か、といったところ。

アルツハイマーを疑う要素としては、

  • 取り繕いが結構目立つ
  • 明るくよく笑い、朗らか
  • HDS-Rで遅延再生0点
 
こういった点。
 
しかし、HDS-Rが9点と低いにもかかわらず、
 
  • 透視立方体模写と時計描画が完璧である
  • 独居できている
  • 海馬萎縮や頭頂葉萎縮は目立たない
  • これまでに、アリセプトが効いた形跡がない
 
こういった要素があるので、素直にアルツハイマーというわけにはいかない。
 
これらを踏まえた上で、
 
  • わずかだが、脳の萎縮に左右差がある(この方は右がやや萎縮)
  • ピックスコア3.5点
  • 長年目立って変化がない
 
こういった点から嗜銀顆粒性認知症を疑った。

ちなみに、長年変化しない認知症としては、神経原線維変化型老年期認知症(SD-NFT)という病型もあるが、これについてはまた別の機会に(※認知症介護通信)。

 

治療と今後の方針は?


現在アリセプト5mgを内服中だが、易怒性亢進(怒りっぽくなる)やパーキンソン症状、消化器症状などの副作用は認めていない。抑制系薬剤も何も飲んでいない。

89歳で、介護保険も使わずに独居できている方の治療目標とは何だろうか?


まさか、長谷川式テストの点数を上げることではあるまい。

娘さんに、AGDである可能性について説明し相談した結果、

「今の状態を少しでも長く維持すること」

これが目標となった。
介護保険の主治医意見書はこちらで作成し、かかりつけの先生には

「アリセプトは現状維持で、今後易怒性が出てくることがあればアリセプトを減量して、かつ一回量4mg程度でウインタミンを検討して下さい」

という情報提供書をお送りした。

 

www.ninchi-shou.com