読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

(典型的)レビー小体型認知症改善例 84歳男性

全てがレビー小体型認知症を物語る人

 
診察室への入室の様子から、座って数分話をした時点で、大方の予測がつく方がいらっしゃる。今回はそんなお一人。
 

DLB 84歳男性 改善例①

 

 

DLB 84歳男性 改善例②

 

DLB 84歳男性 改善例③

84歳男性 レビー小体型認知症



(当時の記録より引用開始)

 

初診時

 
ここ2週間程度で、急激に活気が無くなってきた
ぼーっとしている。食欲はある。
虫がいると大声で飛び起きておびえる、寝言あり。後ろに転倒しやすい
 
HDSR:14
遅延再生:2
立方体模写:×
時計描画:OK
保続:なし
取り繕い:なし
レビースコア:8.5
ピックスコア:3.5
クリクトン尺度:30
rigid:×

(診断)

ATD:
DLB:〇
FTLD:
MCI:
その他:PSP、CBD、ミニLPC
 
左優位の萎縮。後方転倒があるのでPSPは否定しないでおく。Humming birdなし。次回は眼球運動障害確認も。
イクセロンパッチ、ニコリン、抑肝散開始。
 
歩行は手を振らず小刻み、視線は合わない、手はすぼめている
胸部大動脈瘤の手術既往あり。
 

2週間後

 
(改善点)
 
明るくなった。転ばなくなった。
 
(悪化点)
 
なし
 
(禁止薬)なし
 
歩行も安定し、著明に改善している。
奥さん、娘さんも喜んでいる。特に奥さんは大はしゃぎしている。
 
食事を引っかけやすく、注意が必要。
今回もニコリン。イクセロンパッチは4.5mgで維持。掻痒感なし。
 
眼球運動は全方向で動きが鈍い印象。
元々斜視あり?
 
(引用終了)
 
 
入室時の様子、椅子に座った後の様子、話し方、この辺りでほぼ予想の付いた方だった。
 
予約の物忘れ外来だったので、少し時間に余裕を持って診察出来た。しかし飛び込みの一般外来であれば、長谷川式テストは省略してレビースコアだけにしたかもしれない。

ひょっとしたら、レビースコアすら省略したかもしれない(言い過ぎ)。

それほど典型的な「レビー感」を持つ方であった。
 
 

診断より今後が大事なケース

 
 
この方で注意すべきなのは、現時点で
 
  • 脳萎縮に左右差がある
  • ピックスコア3.5点
 
この2点。
 
将来的にピック化してくるかもしれない」ということを念頭に置いているか否かで、症状に変化が出てきた際の対応が違ってくる。
 
念頭に置いていないと、最初の診断に引きずられ全てが「レビーの悪化」に見えてしまうかもしれない。
 
初診時の頭部画像撮影は、「その時点の診断に役立てる」という意味と、「先々の予想を立てておく」という意味、両方を併せ持つ。

今回はこれで終了。

 

www.ninchi-shou.com

 

www.ninchi-shou.com