読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

グルタチオン著効例!

認知症の症例 認知症の症例-FG療法(フェルガードやグルタチオンなど)

パーキンソン症状が速やかに改善


外来で歓声が沸いた。
 
 

グルタチオンが良く効いたレビー小体型認知症の方

 

 

グルタチオンが良く効いたレビー小体型認知症の方 長谷川式とレビースコア

(記録より引用開始)
 

初診時


レビー小体型認知症と診断され、現在は施設に入所されている方。
ご子息がセカンドオピニオンを求めて一緒に来院された。
 
HDSR:21
遅延再生:6
時計描画:可
立方体模写:可
保続:なし
取り繕い:なし
迷子:なし
レビースコア:10.5
rigid:あり
ピックスコア:1.5
頭部CT左右差:なし
クリクトン尺度:16
介護保険:要介護1
胃切除:なし
 
(診断)
ATD:
DLB:〇
FTLD:
MCI:
その他:
 
声は大きく、視線もしっかり合う。しかし、表情は暗く性格は超まじめ、左上肢に歯車様筋固縮を認め、左上肢の振戦は強い。幻覚も強い(子供がありありと見える)が、特に困ってはいない、歩行は小刻みで手は振らない。諸々DLBを強く示唆する。CTではフロンタルレビーの印象。
 
かゆみが強いとのことで、一旦イクセロンパッチは18mg→13.5mgへの減量を。また現在レボドパ400mg/dayを内服中だが、300mg程度に減量して少量ペルマックス追加、またコムタンも可能であれば減量、を紹介元に提案。
 
ご子息がグルタチオンに興味を持たれており、明日午後で投与予定とする。
グルタチオン800mgで。最低6回は打ってみましょうか。
 

翌日

 
グルタチオン800mgを15分で投与。
前後での目立った変化はなし。
 

初診から4日後

 
二回目のグルタチオン。今回は1000mgで。投与直後に本人に確認したが、「変わりない」と。
 
しかし、ベッドからの起き上がり動作が明らかに早くなっている。また、すくみ足は認めず、歩行スピードの向上と安定性が増している。
 
冗談でステップを踏んでみせた!表情にも笑顔が増えている。看護師さん達が驚きの声をあげた。
 
次回も1000mgで。著効例と考える。
 
(引用終了)
 
ご子息から許可を頂いたので、動画を掲載する。
 

 

今後の経過に注目

 
今後は1回投与量1000mgで週に2回投与していく予定。
 
かかりつけの病院主治医と相談しながら、経過次第だがパーキンソン対策の薬が減量出来たらいいな、と考えている。
 
先日の河野先生鹿児島講演でもグルタチオン改善例の動画が供覧されたが、大きな可能性を秘めている薬だと改めて実感した。

患者さんやご家族、そして外来スタッフの嬉しそうな表情が印象的な日であった。

今回はこれで終了。

※グルタチオンとは


グルタチオン(Glutathione, GSH, Glutathione-SH)は、3つのアミノ酸から成るトリペプチドである。グルタチオンの生理的機能は多々あるが、主要な機能は大きく2つに分けることができる。
ひとつは細胞内のチオール環境を維持することである。チオールは生体内の主要な抗酸化成分である。グルタチオンは自らのチオール基を用いて過酸化物や活性酸素種を還元して消去する。また、タンパク質中のジスルフィド結合を還元して2つのチオール基に戻す。更に、グルタチオンは細胞のシステイン源でもあり、システインはチオール基を含む。
もうひとつの主要な生理機能は、様々な毒物・薬物・伝達物質等を細胞外に排出することである。グルタチオンはこれらの物質を、やはりシステイン残基のチオール基に結合させ(グルタチオン抱合)、自ら細胞外に排出されることで、細胞を解毒する。(wikipediaより引用)


元々肝臓病などで古くから使われていた薬剤だが、パーキンソン症状や活気の改善を狙って使用する場合には、保険適応で定められた量(200〜400mg)よりも高用量(600〜2000mg程度)が必要なため、保険外診療で行う必要がある。

 

www.ninchi-shou.com

 

www.ninchi-shou.com