読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

頭がわんわん! お二人目

認知症以外の症例 認知症以外の症例-頭がわんわん症候群

シリーズ化となるのか?

 
以前投稿したケースに引き続き

 

www.ninchi-shou.com

 

同じような訴えの方が来られた。実は潜在的に相当数いたりするのだろうか・・・
 
 

91歳男性 脳萎縮に左右差 頭がわんわん

 
お二人目となると、こちらも慣れたものである(ウソ)。

 

(記録より引用開始)
 
ここ2週間ほど、頭がワンワン。
昨晩はいつもと違うワンワンで起きたと。5分ほど続いて消失。これはなんでしょうか?とのこと。
 
歩行は小刻み
難聴なし
声は大きくしっかり
笑顔
rigidわずかにあり
 
CT3方向。
左側側頭葉有意に萎縮。その他器質的病変を認めず。
 
脳出血や脳梗塞、脳腫瘍はないです、とお話しすると「安心しました」と。
今後頻度がますようなことがあれば、少量ウインタミンだろう。その時はご相談下さいね。
 
(引用終了)
 
 

様子観察は日常茶飯事

 
 
上記の様な説明をしたところ、「ひどくなったらまた来ます。ありがとう。」と言って、笑って帰られた。
91歳でお一人暮らし。バスを利用してお一人で来院し、お一人で帰られた。

この方に知能検査は行っていないし、ピック感を感じることも無かったが、画像では立派な萎縮の左右差は認めた。先々ピック化してこないことを祈ろう。

やや気になったのは、軽度正常圧水頭症の画像所見を認めたこと。
これはお一人目の方もそうであったので、頭がわんわん症候群(仮称)の方の画像上の特徴は、「NPH(正常圧水頭症)+FTLD(前頭側頭葉変性症)」と考えておこう。

正常とは言えない頭部画像でも、問題なく普通に暮らしている方達は大勢いるし、こちらが特に何もしないことも、日常茶飯事である。

ちなみに、受診の2週間後に直筆で感謝のハガキを頂いた。矍鑠とした男性であった。

今回はこれで終了。

 

www.ninchi-shou.com

 

 

www.ninchi-shou.com