読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島認知症ブログ

鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ

栄養学-糖質制限

【謎の行動】糖質制限中の患者さんからお菓子を頂き困惑(笑)。

糖質制限に取り組み成果を出せた患者さん(糖質制限者)が、そのお礼に当院(糖質制限推進クリニック)にお菓子を置いていくというコントのような出来事を経験した。 微笑ましいというか、こちらも微妙に困惑するというか(笑)

変則的な二人三脚治療。

今回紹介するのは、出来れば薬剤全てを当方で預かりたいと考えている方。 ただ、色々な事情*1がおありのようなので、変則的ではあるが当院で糖質制限指導及び薬剤調整の工夫をお伝えし、糖尿病専門医の処方する薬剤を患者さんと2人3脚で*2調整中である。 *1:病状に…

糖質制限を認知症治療の中心に据えることが出来たら、治療は捗るだろうなぁという夢想。

病気の根本治療とは、病気の原因を取り除き、現在悩んでいる症状を消失させることである。 そうすると、アルツハイマー病のような変性疾患の根本治療とは、病理学的組織変性を修復し、同時に記憶障害や失行などの中核症状を改善させることとなる。これは事実上不可…

糖質制限に対する、ある「自然派医師」の見解から思うこと。

ameblo.jp 腸内細菌叢の重要性について異論はないのだが、このDrは「糖質制限≒腸内細菌叢破壊行為」と考えているようだ。

鉄分の過剰摂取で妊娠糖尿病のリスクが増大する?

CareNetで見つけた記事を読んで、色々と考えてみた。 鉄分の過剰摂取で妊娠糖尿病リスクが増加する|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

かつて見ていた世界、そして今見ている世界。

先日、一般向けの市民公開講座で講演を行った。タイトルは、「栄養面から考える生活習慣病と認知症(バランスの良い食事とは?)」。 後で主催者に聞いたところ450人以上の入場者だったらしい(会場のキャパシティは300人)。広告の力は偉大なり。 講演終了後のアンケート…

「砂糖業界が科学者を買収していた」というニュース。

さもありなん、さもありなん。

「一億総活躍社会」で若者が活躍するために、栄養面で必要なこと。それは・・・・

社会人として働き始めた当初は、慣れないことだらけである。 家族や友人、同期や先輩に悩みを相談したり、時には酒を飲んでくだを巻いたり、趣味に没頭したりなどなど、様々なやり方でストレスを発散し、そして徐々に実務の経験を積んで、いつの日か乗り越えていく。 …

第3の糖尿病と呼ばれるアルツハイマー型認知症

何故、アルツハイマー型認知症は第3の糖尿病と呼ばれるのか。その説明を少々。 flickr photo shared by .v1ctor Casale.

メトホルミンは不老不死の妙薬?

興味深いニュースをみかけた。 「寿命120歳」不老薬に現実味 実は安価な糖尿病薬 米で臨床試験許可 (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ) 糖質制限を絡めて、以下でちょっと考察を。 flickr photo shared by AfghanistanMatters

「所得が低いほど栄養バランスが悪い」というニュース。しかし、これまでの推奨栄養バランスに照らし合わせると・・・

なかなか可燃性の高そうなニュースを見かけた。 所得低いほど栄養バランスよい食事取れず NHKニュース 以下でちょっと考察を。

「ケトン体が人類を救う」を読んで(書評)

初版があっという間に品切れとなり、既に2万部の増刷がかかったという噂の新刊。読後の感想を述べます。

日本糖尿病協会監修の「健康配慮型弁当」で健康になれるだろうか?

このようなニュースを見かけた。 日本初、西友が日本糖尿病協会監修の健康配慮型弁当を発売 - BIGLOBEニュース 載っていた写真はこちら。 以下、引用を交えて考察。

「坂本龍一が完全菜食主義に」というニュースをみて考えたこと。

中咽頭癌で闘病中の坂本龍一さん。病状を心配しているファンの人達は多いだろう。最近は安保法案関連のニュースで姿をよく見かけるので、病状は落ち着いているのだと思いたい。 坂本龍一のニュース - 坂本龍一、がん闘病で“完全菜食主義”に - 最新芸能ニュース一…

アクトス(ピオグリタゾン)でパーキンソン病発症リスクが低下する可能性あり

Medical Tribune(2015年8月20日号)で、見つけた記事。 左上の「インスリン抵抗性でAD(アルツハイマー)リスク増大」という記事も含めて興味深かったので紹介。

【糖質制限実験】糖質制限パンを食べると、血糖値はどの程度あがるのだろうか?

先日、とある会に参加したときのこと。「認知症関連で10分ほど講演を」とのことであったので、 認知症予防には糖質制限が有用である といった内容で話をしたのだが、その後にご自身も糖質制限に取り組んでいらっしゃる、という方から声を掛けて頂いた。その…

アルツハイマーのリスクを下げる、「MIND食」とは?

アルツハイマー発症のリスクを下げるとの報告があったMIND食。MIND食=DASH食+地中海食と考えたらよさそうだ。

カロリー神話は崩壊した。

WHOが砂糖について新たな指針を発表 このようなニュースをみつけた。 世界保健機関(WHO)は4日、成人が1日に取る砂糖をティースプーン6杯分の25グラム程度に抑えることを奨励する砂糖摂取の新指針を発表した。

ドカベン(香川伸行さん)の訃報に接して思ったこと

糖尿病から腎不全だったのか ドカベン香川伸行さん急死 52歳心筋梗塞 - プロ野球ニュース : nikkansports.com 自分が子供の頃に甲子園、南海ホークスで活躍していた記憶がある。ご冥福をお祈りいたします。

認知症と糖質制限③(ドパミン報酬系)

糖質とドパミンの関係 報酬系(ほうしゅうけい、英: reward system)とは、ヒト・動物の脳において、欲求が満たされたとき、あるいは満たされることが分かったときに活性化し、その個体に快の感覚を与える神経系のことである。ここでいう欲求には、喉の渇き…

認知症と糖質制限について②(栄養バランスを考える)

様々な病気の危険因子である糖質 糖尿病(とうにょうびょう、拉,独,英,スペイン語,ポルトガル語: diabetes mellitus)は、血糖値(血液中のグルコース(ブドウ糖)濃度)が病的に高い状態をさす病名である。ひとことに血糖値が高いと言っても、無症状の状態…

認知症と糖質制限について①(食後高血糖には要注意)

認知症と糖質制限 糖質制限について勉強していると、今まで常識だと思って考え直すことも無かった様々なことが、ポロポロ剥がれ落ちていくので楽しい。Neurologyに乗ったこんな論文がある。